読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありきたりなおたく

神谷浩史さんファンブログ

MENU

リリイベ倍率と応募数調整

 

ハレゴウのリリースイベントの当落が出て、ハレロクの応募も締め切られたので、一度リリースイベントの倍率について書いておこうかなと思います。

まずはキャパシティの確認

いつも私は前回の売り上げを見たうえでだいたいの母数を予想し、リリースイベントのキャパシティで割ることで推定倍率を出してからCDの買う枚数を決めています。
例えば、今回のハレゴウリリースイベントであれば…

■開催場所/開催日/ご招待者数
【北海道】札幌市某所/2015年10月3日(土) /各コース150名様ご招待予定
【福 岡】福岡市某所/2015年10月31日(土)/各コース200名様ご招待予定
【東 京】都内某所 /2015年11月7日(土) /各コース400名様ご招待予定
【大 阪】大阪市某所/2015年11月14日(土) /各コース200名様ご招待予定
【愛 知】名古屋市某所/2015年11月15日(日)/各コース200名様ご招待予定

ということで、全会場合計1150人が当たりますよね。
過去の傾向とスタッフさんの言葉から察するに1人1つしか当たらないように調整してくれているようなので、売上分とキャパシティから倍率がなんとなく推定できるわけです。

次に売り上げを予想

キャパシティがわかったら、母数を調べます。だいたい神谷さんのリリースイベントは締切が発売後1週間程度なので、初動枚数を参考にします。
前回の神谷さん「ハレヨン」の初動枚数を見ると、19,818枚。毎回枚数を更新しているので2万枚強くらいは売るかな?と予想できます。
今回のイベントはお渡し会でハレヨンのトークイベントとは単純比較できないので、シングルではありますがサイン会のあったsuch a beautiful affairの初動枚数も確認しておくと、21,987枚。やっぱり2万枚強くらいは売るかな?という予想になります。
答え合わせすると、今回のハレゴウの初動は20,700枚なので大正解という感じですね。

じゃあ計算しよう

キャパと売り上げがわかったら、倍率を計算します。
20,000/1150=約17.39なので、単純計算では17~18倍になります。ここで、全員が応募するわけではないので、実質倍率は2~3倍落ちるとすると、だいたい15倍くらいになると思われます。
いつもこんな感じで計算して倍率以上の枚数を買うようにしています。計算するようになってからは1度も外していないので、結構堅実な方法かな?と思っています。

特典分だけにしてみる

まあ、そうは言っても、そんなに買う気ねーよ!という方には微妙な方法ですよね。必要以上に買う気がない人は、店舗別特典の付く店舗数だけ買うという方法もアリだと思います。
だいたい神谷さんの場合、9~10店舗で毎回店舗特典がつくので、全部集めた場合には10枚前後になります。
ハレヨンのリリースイベントは上記同様に計算すると19,000/1,300=約14.62なので、だいだい11倍くらいですし、10枚買えば十分当たりそうな倍率でした。
今回のハレゴウも確実に当てるには15枚かな?と思いましたが、10枚もあれば十分当たりそうにも思えます(抽選なので確実だという保証は何枚買ってもありませんが)。


こんな感じですかね。単純すぎる方法なんですけど意外と倍率どれくらいなんだろう><という人も見ますし、周りから聞かれることも多いので、1度記事にしてみました。
神谷さんに限らず、イベントのキャパシティと過去のCD売り上げの傾向のわかる人になら使えると思いますので、ぜひ(笑)



次のイベントも、当たりますように!



‐追記‐
基本の考え方はこのような形ですが、地方や日にちによって倍率が変わる可能性や、地方補正で地元の人が当たりやすくなっている可能性等があることを加えておきます。