読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありきたりなおたく

神谷浩史さんファンブログ

MENU

美術展って特別なマナーとかあるのかしら、と思って。

 

週末から、神谷さんが音声ガイドをご担当される美術展、
ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜 がはじまります。

manga-9art.com


ばっちり音声ガイド付き前売り券を買ったはいいものの、
わたしってまともに美術館・美術展とか行ったことないかも…!
とぎりぎりに慌てはじめました。特別なマナーとかあるのかしら?

というわけで、いくつかのサイトを参考にポイントをまとめてみました。

服装、持ち物

基本的に服装はなんでもいいんだとか。
気分をあげるためにおしゃれしましょう!なんてサイトも。
冷房に弱いひとは上着などで調節できる服装がいいようです。

ただ、広い場合には歩く距離が長くなる場合があるようなので、
履きなれた靴がいいみたいですね。


邪魔になるので大きな荷物や傘は避けたほうがよいようです。
傘たてやロッカーが設置されていることが多いようなので、
使用すれば問題なさそうですね。


飲食、携帯電話、撮影、接触は禁止

美術展等に限らず、各種イベントでは共通して言われることですので、特に問題なさそう。
イベント慣れしているおたくであれば「いつものこと」かもしれません。

物によっては近づきすぎてはいけない展示もあるようなのですが、
表示に従って気をつければ問題なさそうです。


ペン類の禁止

これは気をつけなくては、と思ったのは、ペン類の禁止。
ボールペン、サインペン、万年筆…などなど。

作品を汚さないため、とのこと。
ペンのインクって落ちないですよね…服につけると絶望します。

おたくをしていると、記録のためにメモするタイプの人が結構いるのを見かけます。
メモしたい場合には必ずえんぴつで!


一般常識の範囲でマナー・モラル違反をしなければ大丈夫

大声で叫んだり、走ったり、他人の迷惑にならないなど、
一般常識の範囲でマナーが守れていれば問題なさそうです。

あとは、他人の鑑賞の邪魔にならないように、
長時間居座ったり、見ている人の前に立ったり・前を歩いたりしないこと。
他人を気遣う気持ちがあればできることかと思います。



***



何か特別なマナーがあるのかな?と思ってびくびくしていたのですが、
あんまり身構える必要はなさそう。


神谷さんもコメントされてましたが、
「構えて考えすぎずに楽しんで」こようと思います。
 
 

「とても楽しく収録できました。
展覧会の音声ガイドだからと特別な気負いはせず、20 年の声優人生のキャリアをかけて打ち込みました。展覧会の案内役だったり、漫画の中の人物になったりといくつもの声を演じました。芸術だからと構えて考えすぎずに楽しんで欲しいです。
会場では充分に作品に触れていただき、さらに作品の見識を高める、そのきっかけが自分の音声ガイドだったらとても光栄です。」

ルーヴル美術館特別展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~ - タイムライン | Facebook


 


参考リンク
初めてのひとり女子アート巡り♡楽しみ方とそのお作法 - Me times(ミータイムス)
これさえ覚えておけば大丈夫!美術館マナー | nanapi [ナナピ]
頼むからコレだけは守ってくれ!美術館・博物館での鑑賞マナー3つ(土下座) - インデックス投資女子 Around40 Happy Life
初心者必見!美術館デートで知っておきたいマナーとは? – Clover(クローバー)