読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありきたりなおたく

神谷浩史さんファンブログ

MENU

秋アニメ感想などなど

おしごと感想 日記・雑談
 

あっという間に10月も最終週になってしまいましたね。
自分で思っていたよりも忙しめの毎日を過ごしています。

さて、始まった秋アニメの感想をすこし。



斉木楠雄のΨ難

2クール目、相変わらず楽しく拝見しています。
斉木自身は淡々と話していますが、テンポ感とタイミング、絶妙な無感情加減と、たまにこもる感情に笑わされてます。
そして他者の妄想内で出てくるイケメン風・童貞風・バカ風の喋りなど…割と贅沢なアニメだなあと思っています。
個人的にはキャラは漆黒の翼がお気に入りですが(笑)、今期も毎週クスっと笑わせてくれる枠になりそうです。

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

年齢を重ねたせいか、最近「がんばる高校生」を見ると涙腺がゆるゆるになってしまいます。
ハイキューがいい例で、別に泣いてしまうような回でなくても「うわ~!!!がんばれ~!!!」とうるうるしてしまうんですよね…。
近所のおばちゃんとして応援に行っているような、そんな気分…。うるうるしてるところに、たけちゃんのポエムが…追い打ちを…。

夏目友人帳 伍

春・夏クールとセレクション再放送を見ていたので、夏目自身の成長を感じています。
今期はいろんなアニメを見ていろんな感情に振り回されて情緒不安定なおたくになっているのですが(笑)、
夏目を見るといろんな力がふっと抜けて癒されます。

舟を編む

今期の本命です。原作を読んでから、西岡が絶対に好きな感じだと思っていたので、とっても期待していました。
雑誌でみた、神谷さんの今まで培ってきたスキルを詰め込んでできるような、そんな役だという言葉にもとっても期待をあおられました。
実際見てみると、いやあ本当に、うまいなあと…。私の乏しい語彙力ではうまく表現できずにもどかしい。
馬締をはじめ、編集部の大部分は真面目に真摯に辞書に向き合っていて、重たい雰囲気になってしまう可能性もあると思うのですが、そこに西岡の軽薄さがとってもいいアクセントになっていて、作品の雰囲気を左右する意外と重要な立ち位置なのではないかと思っています。
まだ2話ですが、原作と結構変わっているなあと思う部分もあるので、この先どんな感じになるのか楽しみです。

ユーリ!!! on ice

いや、聞いてくださいよ、まさか、舟を編むよりアツくなってしまうアニメが今期あると思ってなかったんですよ。
話題になってるし、と録画して、1話を見たらすっかりハマってしまいました…。
ヴィクトルに一目ぼれしてしまったようなかたちなんですけど(笑)、こんな、心のつかまれ方をしたのは、高校時代にコードギアスのOPでシュナイゼルお兄様を見たとき以来です…。
しかも諏訪部さんなんだもん。ずるい。ずるいしかない。
ツイートがユーリ関連ばかりになってしまっていて、プロフィールの神谷さんファンですという表記はどうした???という状況です…。



***

今期はとっても見るアニメが多いのですが、なんとか今のところ予定通り追っている状況です。
週末にはリーディングライブもあるので、感想のお手紙をもっていけたらいいなあ。