読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありきたりなおたく

神谷浩史さんファンブログ

MENU

変革の年 - Kiramune Music Festival 2016

 

Kiramune Music Festival 2016、今年も両日参加してきました。

f:id:a1kavva:20160607235615j:plain:w200 f:id:a1kavva:20160607235629j:plain:w200


今年はいつもに増してあっという間の5時間で、えっもうおしまい…?!という気持ちが強かったです。
いろいろ思うことがあったので、ざっくり感想を書きますね。

入野さん

入野さんは本当に今回セットリストの予想ができなくて、何やってくれるんだろうと期待に胸を膨らませてのキラフェスでした。
最近出したシングルから2曲、古い曲3曲、未公開新曲2曲という構成でしたが、いやあ、未公開の新曲2曲もやるなんて思ってませんでした。
そしてその未公開新曲でフライング…予想外すぎる…。

バラードもありダンスもありフライングもありと、入野さんは幅広くクオリティの高いステージを見せてくださるので、いつも楽しませていただいています。
でもやっぱり、嘘と未来とが個人的には一番でした。

浪川さん

浪川さんってかわいいけど歌うと超かっこいい人だと思っているのですが、今回は盛り上げ担当に振り切ってましたね!

ELEVATIONのコール(出したCDの枚数だけコールがあるなんてアツい!)はすごく楽しみにしていたので、とっても楽しかったです。
UTAOはくると思ってなかったので初日イントロを聞いた時には「マジか?!えっ?!まじか?!?!?!」と動揺してしまいました(笑)

全体的にサービス精神旺盛な浪川さんらしい”エンターテインメント”を感じるステージでした。楽しかった~!

柿原さん

柿原さんは登場1曲目から咲いちゃいなと、去年やったしやらないかもな~と思っていた曲だったので、いやあ、本当に驚きました。

そしてそのままレッスンAtoB。ソロライブ参加組から話は聞いていたものの、映像がすごく面白く、柿原さんご本人を見たいけどでもバックのスクリーンが面白すぎてそっちを見てしまう…というもどかしい現象が起こりました(笑)。

monogram進ませろ!といったかっこいい曲と、僕さオレンジのように聴かせる曲と、柿原さんは本当にアーティスト路線だ…と思わされました。
そしてなにより、Call My Nameがくるだなんて思っていなかったので、もう…もう…。

kiramuneって声優さんなのに踊っちゃうの?!しかも結構踊るねやばいね?!っていうイメージがあると思うんですが、その中で柿原さんってダンスがあまりない人で、でもそれが全く気にならないくらいには、パフォーマンスで満足させてくれる人だなあというのを改めて感じました。

岡本さん

個人的MVPは今年も岡本さんです。いやあ、圧倒的だった…。
私は岡本さんの、登場した瞬間から会場の雰囲気をガラッと変えてしまう、支配力がとても好きなのですが、今年もそれを見せつけてくれました。

Want youは正直アンコールかなと思っていたので序盤にきて驚きましたが、あの、カメラ狙い撃ち攻撃…岡本プロとしか呼べません…

そして、私が今回のキラフェスで一番楽しみにしていたといっても過言ではないLost universe。去年のMaster Badmoonのようにかっこいい感じで魅了してくれるんだろうな!とは思っていたのですが、まさかこの曲でフライング?!フライングしながら戦っている?!驚きの連続でした…

本当に岡本さんの世界観全開のステージで、独自の世界観を持つことの強みを感じました。

Trignal

あんまり話題になってるのを見たことがないんですが、Trignalって個々の歌唱力結構高くないですか?Kiss Plusとか、歌があんまり上手じゃなかったらかっこよくないような気もして。
今年はこうしたことを感じる場面が多く、江口さん…うたうまくなってる…と何度も呟きながら見てしまいました。
今のところあんまりないですけど、将来的にハモりのある曲なんかをしてもかっこいいのではないでしょうか…次のリリースの時にどうでしょう…。

そしてやっぱり盛り上げるのが上手ですね。会場の声が一番出ているのはTrignalの曲のときのように感じます。

吉野さん

吉野さんはなんといっても、ラストのMCがとてもよかったですね。しんみりせず、まじめに、明日からもがんばろうって思わせてくれるMCでした。
私はアルバムのタイトルCYCLEの意味を知らずにいたので、今回のMCを聞いて、なるほどよくできている…素晴らしすぎる…と感動しました。
セットリスト予想の時点では岡本さんやTrignalがトリでもいいなあと思っていたのですが、今思えば、The END以外の終わりはなかったですね。本当によかった…。

吉野さんの素敵なところは、ファンの目線も持っているところだと思っています。
ファンはこんな曲だったら楽しめるだろうな、ファンはこんな曲を聞いたら毎日頑張れるだろうな、というのを考えて作ってくださっているのをすごく感じられます。
もっと吉野さんのことを知りたくなってしまったので、ソロライブに行かせていただくことにしました。夏が楽しみです!

神谷さん

ご本人もMCで仰っていた通り、気が付いたら初年の2009年から7回、ずべてのキラフェスに出演しているのは神谷さんだけになっていました。
そんなこともあり、神谷さんは後ろからメンバーを支える立ち位置なのかなあと思っていたので、まさか、神谷さんがトップバッターだとはつゆも思わず、当日はこれ以上ないくらい驚きました。

始まりの曲が贅沢な時間というのはすごくいいチョイスだなあと思ったのは、これから”あなたとともに”贅沢な時間を過ごしましょうねというメッセージになっているから。
2014年最初の曲の”久しぶりだねそうでもないか 少し雰囲気が変わった”という歌詞の始まりもよかったですが、今回の”すぐに会いたくなるのはどうしてだろう それは好きだから”から始まるキラフェスも、負けないくらいよかったです。

Danger Heaven?では、まさかのMV再現。早着替えもあり、殺陣もあり、なんだかちょっとした舞台やミュージカルを見ているような気分になりました。ファンタジーな世界観で剣を使うという演出は、岡本さんと同じなのですが、全然違う印象になるのが個性ですね。

そしてなにより、私が個人的に嬉しかったのは、ハレのち始まりの日
神谷さんの曲の中で一番好きな曲とういのもあるのですが、まさか過去曲のなかでこれをうたってくださるだなんて思っていなかったですし、それ以上に、神谷さんの歌が、声が、表情が、感情が、素晴らしかった…。この曲のためだけにお金を払った、くらいの気持ちになりました。
やっぱり神谷さんが好きだなあと思って帰ってきました。

全体的な印象として

正直序盤の神谷さん、岡本さん、吉野さん、柿原さんくらいまできたところで、「えっ?!今年飛ばしすぎじゃない?」と動揺してしまいました。
盛り上がるであろうWant youレッスンAtoB\わっしょい/をこんなに早く、連続でやっていいのか?!と…。
後半にいくにつれ、過去の人気曲もたくさん披露してくださったので、そんな不安はすっかり飛んで行ったのですが、本当に驚きました。

私、例年キラフェスは”新曲発表会”だと思っていました。しかし、今年は変化がありました。
確かに最近リリースした表題曲は披露してくださるのですが、全体的に過去のメジャー曲人気曲を織り交ぜた”フェスらしい”構成へと変化。
それぞれのメンバーの良さが引き立つセットリストだったように感じます。

7回目という数字は、5年という節目を越え、10年にはまた少し遠い、微妙な年。きっと、進化を続けるには何か変革の必要だった年なのではないかな、と思っています。
そうした意味で、今年のセットリストの変化はとてもいいものであったし、さらに、各メンバーのソロライブに行きたいなという気持ちにさせる点でも、すごくいいセットリストでした。

キラフェスが終わってしまって少しさみしい気持ちもありますが、”終わりは始まり”なので、来年の事を楽しみに今日もまた頑張ります。







おまけ

以前、神谷さんのソロライブの感想記事で、演出シゲさんの言っていた”神谷さんのためにとっておいた演出”に言及したのですが…
ずーっと、ファンの間でも「そろそろ飛ぶ」「今年は飛ぶかな!」と言われ続けてフライングのなかったキラフェスで、神谷さんのソロライブを経た今年、ついにフライングが解禁した意味。
やっぱり神谷さんのためにとっておいてくださったのだな、と確信をしました。

なかでもインパクトがあったのは、2曲目にしてフライング。個人的にパンフレットで演出・振付のシゲさんが「神谷さんのためにとっておいた演出もある」といっていたのはこれなのかなと思いました。 「飛び立ったのはまっさらな今日の空」の歌詞に合わせて翼を広げて舞う神谷さん。この曲で飛ばずにどの曲で飛ぶんだろう。

この人のファンでよかった - Hiroshi Kamiya 1st Live ハレヨン→5&6 - ありきたりなおたく